スポンサーサイト

2014.02.26 Wednesday [-] by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • -
  • -
  • -
  • 昨年の記事

「効果の扱い」である特殊召喚

2013.09.05 Thursday [OCG(ルールあれこれ)] by よしえ
ぐれいす
《ヴァンパイア・グレイス》
このカードが墓地に存在し、アンデット族モンスターの効果によって
自分フィールド上にレベル5以上のアンデット族モンスターが特殊召喚された時、
2000ライフポイントを払って発動できる。
このカードを墓地から特殊召喚する。
「ヴァンパイア・グレイス」のこの効果は1ターンに1度しか使用できない。
(テキスト以下略)


ごうか  じぇねしす
Q.
《怨念の魂 業火》の特殊召喚に成功した時に、墓地の「ヴァンパイア・グレイス」の効果を発動し、特殊召喚する事はできますか?
また、《ヴァンパイアジェネシス》の特殊召喚に成功した時に、墓地の「ヴァンパイア・グレイス」の効果を発動し、特殊召喚する事はできますか?

A.
「怨念の魂 業火」の『自分フィールド上に炎属性モンスターが存在する場合、このカードは手札から特殊召喚する事ができる』は、チェーンブロックが作られませんが、モンスターの効果の扱いですので、「怨念の魂 業火」の特殊召喚に成功した時に、墓地の「ヴァンパイア・グレイス」の効果を発動し、特殊召喚する事はできます

また、「ヴァンパイアジェネシス」の『自分フィールド上に存在する「ヴァンパイア・ロード」1体をゲームから除外した場合のみ特殊召喚する事ができる』は、モンスターの効果の扱いではありません。「ヴァンパイアジェネシス」は特殊召喚モンスターですので、特殊召喚するための手順がそれにあたります
したがって、「ヴァンパイアジェネシス」の特殊召喚に成功した時に、墓地の「ヴァンパイア・グレイス」の効果を発動、特殊召喚する事はできません



今まで気にしなくてよいことを気にする必要が出てきたそうですよ?
珍しく公式ページからの引用でルールに触れてみましょう。


「通常召喚もできるし、ほかの手段で特殊召喚もできる」モンスターの特殊召喚と
「特定の手段じゃないと特殊召喚できない」モンスターの特殊召喚とでは微妙なルールの差異があるのです。

本当にQ&Aの内容通りですが、
・《怨念の魂 業火》の特殊召喚は、自身の「効果」による特殊召喚なので《ヴァンパイア・グレイス》の効果が使える
・《ヴァンパイアジェネシス》の特殊召喚は、召喚条件にしたがって行う特殊召喚で効果扱いはしないので《ヴァンパイア・グレイス》の効果は使えない

ということになります。
「征竜」《ダーク・シムルグ》とは違って、互いに「チェーンに乗らない特殊召喚」で《ライオウ》《神の宣告》で無効にされる群なのですが、その中でもまた確かな違いが存在するのですね。
今まではこのような違いを問題にする必要がなかったため話題にもなってはいませんでしたが、今後カードの登場次第によってはこの相違も大きなポイントになるかもしれません。
ややこしいですが憶えるしかないですなー。


ということは従来の「ヴァンパイア」カードである《ヴァンパイアジェネシス》が最新のサポートに対応していないということだけれど…それは遊戯王特有のことでもあるかもしれませんな。。。

  • OCG(ルールあれこれ)
  • 22:33
  • comments(0)
  • trackbacks(0)

「亜空間リセット」で自壊するかしないか

2013.09.05 Thursday [OCG(ルールあれこれ)] by よしえ
あくうかん

Q.
《幻想召喚師》の効果で特殊召喚したモンスターを《亜空間物質転送装置》で除外したターンのエンドフェイズに、戻ってきたモンスターは破壊されますか?
A.
ご質問の状況の場合、「幻想召喚師」の効果でエクストラデッキから特殊召喚した融合モンスターは、破壊されずにフィールド上に残り続けます

Q.
リリース無しで召喚された《戦慄の凶皇−ジェネシス・デーモン》を《亜空間物質転送装置》で除外したターンのエンドフェイズに、戻ってきたモンスターは破壊されますか?
A.
ご質問の状況の場合、リリースなしで召喚した「戦慄の凶皇−ジェネシス・デーモン」のエンドフェイズ時に自身を破壊する効果は適用されず、フィールド上に残り続けます

Q.
リリース無しで召喚された《光神機−桜火》を《亜空間物質転送装置》で除外したターンのエンドフェイズに、戻ってきたモンスターは破壊されますか?
A.
ご質問の状況の場合でも、リリースなしで召喚した「光神機−桜火」のエンドフェイズ時の効果は発動し、自身は墓地へ送られます

Q.
《亜空間物質転送装置》の効果によってスピリットモンスターを除外した場合、
エンドフェイズに戻ってきた後手札に戻りますか? 
A.
手札に戻ります


《亜空間物質転送装置》などによって、情報が「リセット」されるかされないかのお話。
なにが、どうやって違うルールになっていくのかを、今までの記事内容にも触れつつ見ていきましょう。
続きを読む >>

  • OCG(ルールあれこれ)
  • 08:30
  • comments(0)
  • trackbacks(0)

【遊戯王ルールまとめ】効果の発動した場所と処理

2013.07.02 Tuesday [OCG(ルールあれこれ)] by よしえ
 こんにちはよしえです。
なにやら選考会では《魔導書の神判》の処理についてうんぬんが話題になっていたみたいですね。遊戯王選考会のジャッジさんはどういう形式で務めているのでしょうか。気になります。

それを記事にするかはさておき、今日は「効果の発動した場所と処理」なんてタイトルをつけてみました。
特に「手札から発動する効果」について着目します。
突発の記事になっていますがぜひどうぞ。
続きを読む >>

  • OCG(ルールあれこれ)
  • 00:00
  • comments(0)
  • trackbacks(0)

青き眼の乙女について「その2:効果対象時の効果」

2013.06.26 Wednesday [OCG(ルールあれこれ)] by よしえ
 おとめ
「その1:攻撃対象時の効果」はこちら
こんにちはよしえです。
今回は第二弾ということで《青き眼の乙女》の2つめの効果について説明します。
ややこしい、というのは世間にもよく広まっていることでしょう。じっくり見ていきましょう。
続きを読む >>

  • OCG(ルールあれこれ)
  • 11:30
  • comments(0)
  • trackbacks(0)

青き眼の乙女について「その1:攻撃対象時の効果」

2013.06.19 Wednesday [OCG(ルールあれこれ)] by よしえ
 おとめ
《青き眼の乙女》
チューナー(効果モンスター)
星1/光属性/魔法使い族/攻 0/守 0
このカードが攻撃対象に選択された時に発動できる。
その攻撃を無効にし、このカードの表示形式を変更する。
その後、自分の手札・デッキ・墓地から「青眼の白龍」1体を選んで特殊召喚できる。

また、フィールド上に表側表示で存在するこのカードが
カードの効果の対象になった時に発動できる。
自分の手札・デッキ・墓地から「青眼の白龍」1体を選んで特殊召喚する。
「青き眼の乙女」の効果は1ターンに1度しか使用できない。


こんばんはよしえです。じめじめした気候が続きますね。ゆっくり日光浴したいです。


今回は巷で話題の《青き眼の乙女》についてのルール説明です。
2種類の効果がありますので、記事を2分割して紹介できればと思っています。
さてまずは1つめの「攻撃対象となったとき」の効果についてです。
「俺が気になるのはそっちじゃねーよ!」とお思いの方もいらっしゃるかもしれませんが、順にしっかり確認していきましょう。案外今後の新規カードの参考になるかも…?
続きを読む >>

「各行動の無効」と「浮遊」

2013.05.13 Monday [OCG(ルールあれこれ)] by よしえ
きーけいーこ



《No.66 覇鍵甲虫マスター・キー・ビートル》
エクシーズ・効果モンスター 
ランク4/闇属性/昆虫族/攻2500/守 800 
闇属性レベル4モンスター×2 
1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除き、 
このカード以外の自分フィールド上のカード1枚を選択して発動できる。 
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、 
選択したカードはカードの効果では破壊されない。 
フィールド上のこのカードが破壊される場合、 
代わりに選択した自分のカード1枚を墓地へ送る事ができる。

《神の警告》
カウンター罠
2000ライフポイントを払って発動できる。 
モンスターを特殊召喚する効果を含む効果モンスターの効果・魔法・罠カードの発動、
 モンスターの召喚・反転召喚・特殊召喚のどれか1つを無効にし破壊する


カードwikiさま《No.66 覇鍵甲虫マスター・キー・ビートル》のFAQより
Q:裏側表示の《ステルスバード》を対象に発動しています。
《ステルスバード》の反転召喚に対し《神の警告》が発動された場合、
《ステルスバード》は破壊されますか? 
A:破壊はされませんが、《神の警告》によって反転召喚を無効にされたため墓地へ送られます。 

Q:このカードの効果が適用された《ギガプラント》の再度召喚に対し
《神の警告》が発動された場合、《ギガプラント》は破壊されますか? 
A:いいえ、破壊されずフィールドに残ります


この裁定の相違が一部界隈で話題を呼んでいました。
各行動(このときは反転召喚と再度召喚に分かれます)を無効にする際に、
フィールド上で破壊されるのか、あるいはフィールド上でないどこかで破壊されるのかが問題となります。
この事象は「浮く」・「浮かない」「浮遊」と表記されることもあるそうです。

以前《スターダスト・ドラゴン》のルールで騒がれた時に「カードの発動」については
明確なルール整理がなされました。
今回の件はそれの延長上のものと考えるといいかもしれません。


上ふたつの質問によると、反転召喚と再度召喚では別々の処理をすることが窺えます。
つまり反転召喚を無効にするときは「浮いた」状態で破壊する(=フィールド上のカードを破壊する扱いではない)ため、キービートルの効果も適用されないということになります(そういう裁定だそうです)。

一方で再度召喚に関しては「浮いていない」状態で破壊する(=フィールド上のカードを破壊する)扱いとなり、破壊されずにフィールド上に残る、というお話です。




☆確認

Q.
《E・HERO アナザー・ネオス》を再度召喚したときに相手が
《エヴォルカイザー・ラギア》の効果を発動しました。
この場合自分は《スターダスト・ドラゴン》の効果をチェーンして発動できますか?
A.
ご質問の状況の場合、「エヴォルカイザー・ラギア」の効果にチェーンして「スターダスト・ドラゴン」の効果を発動する事ができます

上記の法則に従うと《エヴォルカイザー・ラギア》による(再度)召喚を無効にする効果も「フィールド上のカードを破壊する効果」扱いになる、ということで
《スターダスト・ドラゴン》の効果を発動し、ラギアの効果発動を無効にすることができます。


Q.
《バスター・ショットマン》を装備した《E・HERO アナザー・ネオス》
再度召喚したときに相手が《神の警告》を発動しました。
この場合《バスター・ショットマン》を代わりに破壊することはできますか?
A.
ご質問の状況の場合、「E・HERO アナザー・ネオス」が破壊される代わり
「バスター・ショットマン」が破壊され
通常モンスター扱いの「E・HERO アナザー・ネオス」はフィールド上に残ります

《バスター・ショットマン》は「装備モンスターが破壊される場合、代わりにこのカードを破壊する」タイプのユニオンモンスター。

こちらの場合もフィールド上に存在するアナザーネオスが破壊されると考えられますので、
装備カードとなっている《バスター・ショットマン》の効果を適用して身代わりにできます。


ここでの留意点としては「再度召喚は無効になっている」という事実。
「(行動を)無効」にし「(そのカードを)破壊」の順序に従って処理するため
破壊できなかったとしても再度召喚自体は無効になっていて
アナザーネオスは通常モンスター状態のままで場に残ります

先の《ギガプラント》の質問事項では再度召喚状態になっているかの明確な返答はなかったのでしょうかね?効果を得る得ないで大きな差になると思います。



○余談
…は、次の記事で書きます。さっきの話につなげたいと思ってます。

  • OCG(ルールあれこれ)
  • 19:46
  • comments(2)
  • trackbacks(0)

新宿杯で聞かれたルールあれこれ

2013.02.21 Thursday [OCG(ルールあれこれ)] by よしえ
 こちらの記事では第8回新宿杯にて聞かれたルール事項の質問をいくつか抜粋したものになります。
「魔導書」についてはすでにこちらで特集しました。なのでそれ以外の事項が中心となります。
どれも実戦級の内容でデュエルする際に無視できないものも多いのではないでしょうか。
続きを読む >>

  • OCG(ルールあれこれ)
  • 00:00
  • comments(0)
  • trackbacks(0)

魔導のルールあれこれ

2013.02.18 Monday [OCG(ルールあれこれ)] by よしえ
 第8回新宿杯が先日無事に終了しました。参加者のみなさん、スタッフの方々おつかれさまでした。
今回一足早い新環境での大会ということで、ルール関連もなかなか大変でしたがジャッジのやりがいもありましたよ〜。
いろいろ聞かれたことあるんですが、とりあえずもっとも気になるであろう魔導だけ書きます。
使用率も高く、また英語版の使用者もかなり多いためできるだけルールの把握は必要なのかもしれません。
続きを読む >>

Profile
profilephoto
ブログをはじめた日 2009/07/19
最新の記事更新日  2014/02/26
書いた記事     1000件
Links
●相互リンク募集してますよ〜
TweetsWind
Mobile
qrcode
モバイルページもあります。
Powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
Others