スポンサーサイト

2014.02.26 Wednesday [-] by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • -
  • -
  • -
  • 昨年の記事

【ナチュル】

2013.02.03 Sunday [ナチュル] by よしえ
モンスター(22枚)
ローンファイア・ブロッサム
ナチュル・ローズウィップ
ナチュル・マンティス×3枚
ナチュル・マロン×3枚
ナチュル・フライトフライ×2枚
ナチュル・パンプキン
ナチュル・バンブーシュート×2枚
ナチュル・バタフライ×2枚
ナチュル・クリフ×2枚
ナチュル・アントジョー×2枚
スポーア
ジャンク・シンクロン×2枚

魔法(8枚)
大嵐
死者蘇生
月の書
強欲で謙虚な壺×2枚
サイクロン×2枚
オレイカルコスの結界

罠(11枚)
血の代償
強制脱出装置×2枚
安全地帯
リミット・リバース
リビングデッドの呼び声×3枚
デモンズ・チェーン×3枚

エクストラデッキ
A・O・J カタストル
No.39 希望皇ホープ
No.61 ヴォルカザウルス
TG ハイパー・ライブラリアン
ジェムナイト・パール
スクラップ・ドラゴン
ナチュル・パルキオン
ナチュル・ビースト
ブラック・ローズ・ドラゴン
ミスト・ウォーム
虚空海竜リヴァイエール
獣神ヴァルカン
迅雷の騎士ガイアドラグーン
閃竜 スターダスト
発条機雷ゼンマイン


今回は《オレイカルコスの結界》を使ってナチュルの打点を底上げする計画です。
《ナチュル・バンブーシュート》が《フォトン・スラッシャー》で死なない25打点に、
《ナチュル・マンティス》あたりも2200になってエグい。
結界を使ってしまうとエクストラからカードを出せなくなるので、
「引けたらラッキー」程度の軽い依存で使用します。《ナチュルの森》と《エンシェント・フェアリー・ドラゴン》あたり入れて回すのも考えたけどちと弱い。

《ナチュル・アントジョー》も当然のように入っています。
結界のもとでは《ナチュル・ローズウィップ》とならべることでロックを形成でき、
ローズウィップの効果で相手の魔法罠を縛り《オレイカルコスの結界》の破壊を困難にすることになります。
ただそのままだと打点が低いので《ナチュル・フライトフライ》を多めにして、
デッキから墓地へ送り、《リビングデッドの呼び声》《リミット・リバース》で蘇生の流れを作る《ナチュル・マロン》をフル投入にするという構築にしています。
結界張って17打点のマロンもなかなか強い。
詰めには《ナチュル・バンブーシュート》もいます。


結界引けないときはナチュル白枠を中心にしたシンクロを狙います。
最近登場した《閃こう竜 スターダスト》はかなり信頼できるモンスターで、
《ナチュル・バンブーシュート》をはじめとした「ナチュル」の保護にはうってつけです。
《ナチュル・アントジョー》《ナチュル・バタフライ》あたりを《くず鉄のかかし》なしでも守れるのは他のシンクロにはない強み。
マロンで落としたアントジョーをより活用するための《ジャンク・シンクロン》も採用してますが要検討。《TG ハイパー・ライブラリアン》でドローブースト狙うのは悪くはなさそう。



理想としては「カウンター罠なしのパーミッション」。
モンスターだけで相手を縛ることができる稀有なテーマですぞー。

  • ナチュル
  • 13:34
  • comments(0)
  • trackbacks(0)
  • 昨年の記事

【ナチュル】

2012.05.02 Wednesday [ナチュル] by よしえ

さて書いていきましょうか、JDCトライアル参加で使用してみた【ナチュル】です。

いわゆる《ナチュル・バンブーシュート》で頑張るタイプになってしまいました。

いろんな人から意見批判をもらってできたそれなりのデッキです。

もう少し勝ちたかったけどそれはプレイヤーのせい!!

 

モンスター(17)

ナチュル・マンティス×3

ナチュル・マロン×2

ナチュル・バンブーシュート×3

ナチュル・バタフライ×2

ナチュル・クリフ×3

ナチュル・アントジョー×2

エフェクト・ヴェーラー×2

 

魔法(6)

死者蘇生

月の書

強欲で謙虚な壺×3

ブラック・ホール

 

(17)

連鎖除外(チェーン・ロスト)

魔宮の賄賂×2

奈落の落とし穴

聖なるバリア−ミラーフォース−

神の宣告

神の警告×2

激流葬×2

強制脱出装置×2

リビングデッドの呼び声×2

デモンズ・チェーン

サンダー・ブレイク×2

 

エクストラデッキ

A・O・J カタストル

No.17 リバイス・ドラゴン

No.39 希望皇ホープ

ジェムナイト・パール

スクラップ・デスデーモン

スクラップ・ドラゴン

スターダスト・ドラゴン

ナチュル・パルキオン

ナチュル・ビースト

ナチュル・ランドオルス

ブラック・ローズ・ドラゴン

ミスト・ウォーム

発条機雷ゼンマイン

氷結界の龍 ブリューナク

妖精王 アルヴェルド

 

サイドデッキ

N・グラン・モール

サイクロン×2

マインドクラッシュ×2

暗闇を吸い込むマジック・ミラー×3

人喰い虫×2

大嵐

天罰×2

転生の予言

奈落の落とし穴

 

 

こんな感じです。一枚ずつさらっていきましょうか。

続きを読む >>

  • ナチュル
  • 19:16
  • comments(0)
  • trackbacks(0)
  • 昨年の記事

【ナチュルアントジョー】まもりかた

2012.04.08 Sunday [ナチュル] by よしえ
 以前もしゃべったかと思いますが、
《ナチュル・アントジョー》というのはステータス自体は非常に貧弱なモンスターで、
「ドッペル・トークン」あたりにも相討ちされるという悲しいモンスターでもあります。
そこで守るための魔法罠は不可欠なわけですが、あんまり魔法罠の配分を増やしてしまうとアントジョーで出すべきモンスターが相対的に減ってしまう!
ということで最低限の魔法罠を加えつつ、あとは仲間の「ナチュル」がフォローするデッキ構成にもなっていたり。


【ナチュルアントジョー】まもりかた
まず「ナチュル」群から。
《ナチュル・アントジョー》を使うにあたって《ナチュル・バタフライ》が非常に相性の良いカードになっています。
相手の攻撃から身を守りつつ、次の自分のターンにシンクロ…という流れがシンプルで強力。
先攻でバタフライを素で立てるのも安定ですし、
ひょーっとしたらなにかいいモンスターがデッキから落ちる可能性もあります。自分は妙に《デモンズ・チェーン》を落としますがw
《ナチュル・アントジョー》の効果で《ナチュル・バタフライ》を呼べるということで
実質アントジョーの効果が通れば攻撃は一回妨害できるわけです。
次点のナチュルが《ナチュル・スティンクバグ》
彼は効果を使うと消滅してしまうので返しのシンクロなどはできませんが確実にすべての攻撃を終わらせることができます。
《真炎の爆発》《異次元からの帰還》といった複数のモンスターを同時に特殊召喚されるパターンだとバタフライでは間に合わないのでこのカードの出番であります。

あとは横で守ってくれる《ナチュル・マンティス》あたり。
《ナチュル・ホーストニードル》も入れたいカードなのですが、単体では機能しづらいということもあり今回はスルーしています。
単純な火力なら《ナチュル・ドラゴンフライ》がいますし…。


続いて罠群。
魔法は《月の書》だけですね。《禁じられた聖杯》で守れるってレベルじゃねーぞ!というアントジョー攻撃力400です。

《デモンズ・チェーン》が今回一番輝くのではないか、ということでフル投入しています。
基本的にデッキ枚数を増やしている自分ですが、今回は《ナチュル・マロン》と《デモンズ・チェーン》をできるだけ早く多く引きたかったので極力40枚に近づけています。
ただ《強欲で謙虚な壺》を入れるとモンスターの枚数が減ったりなので…調整中。

話戻ってデモチェです。
効果モンスターの攻撃と効果を封じる…ということで最近高騰気味なカード。
《ナチュル・アントジョー》の性質上、
相手のモンスターの特殊召喚は許したほうが良い=《神の警告》などで無効にするのはもったいない
ということでこのカードが候補に挙がりました。
《奈落の落とし穴》でもいいじゃん、ということでもありますが
1500未満のモンスターでアントジョーがやられるのが見たくなかったからこれです。


あと《天罰》ではいけない理由として
相手の誘発効果を妨害できない可能性が生まれるという欠点があるからです。
たとえば…最近《サイバー・エルタニン》をみたので《サイバー・エルタニン》にしましょう。

こちらに《ナチュル・アントジョー》がいる状況で相手が《サイバー・エルタニン》を出す(特殊召喚を無効にしない)とき【相手ターンでのできごと】

チェーン1:相手の《サイバー・エルタニン》の強制誘発効果発動
チェーン2:自分の《ナチュル・アントジョー》の任意の誘発効果発動
とチェーンを組みます。このチェーン順は変わらないものです。《ブラック・ローズ・ドラゴン》でもいっしょ。
これだと《サイバー・エルタニン》に対して《天罰》が撃てないのはおわかりでしょうか?

《ナチュル・アントジョー》で呼べるモンスターとして《ナチュル・サンフラワー》がいます。
このモンスターもモンスター効果を止めることのできる誘発即時効果持ちですが、
やはり天罰同様このようなパターンと遭遇すると対応ができなくなってしまいます。
ということでフリーチェーンの効果無効タイプのカードが必要になったのです。
《禁じられた聖杯》は攻撃を止められないのでスルーしています。


あと《強制脱出装置》。ポピュラーかつ強いカードです。
《デモンズ・チェーン》以上に自由に発動できるのであらゆる場面で使うことが可能。
《ナチュル・アントジョー》で防御を固めているので、あと一押しだけ妨害があればよいというシチュエーションが多く、本当に一枚のカードしか動かせないもののこのカードは非常に重宝しています。
これもちゃんと記事で書く…意味あるのかな?わからん。


とこんな感じです。
後半に書きましたが、あくまで主軸は《ナチュル・アントジョー》によるコントロール。
それがうまくいかないときやアントジョーコントロールを超えるほどの相手が出たときにほんの少しだけ妨害〜という感じです!ほんとだよ!

  • ナチュル
  • 23:58
  • comments(0)
  • trackbacks(0)

【ナチュルアントジョー】おとしかた

2012.04.07 Saturday [ナチュル] by よしえ
 これまでの経験で、「《ナチュル・アントジョー》はあらかじめ墓地に送っておくのが安全である」という考えが自分の中に存在しています。
というのは《ナチュル・アントジョー》のステータス自体は弱小といっても過言じゃないレベルで、
素でアントジョーが立っていたら相手が特殊召喚を行わなくても十分対処ができてしまう可能性もあるからです。
もちろん《デモンズ・チェーン》などの妨害や《ナチュル・マンティス》があったりすると話は変わりますが、それでも危険なのは変わりないです。
デモチェを


そこでやはり墓地に送ってから《リビングデッドの呼び声》《リミット・リバース》で相手の特殊召喚にあわせて呼んで効果を使っていきたいのです。
いかに落としていくか…というのが、とあるカードが登場する以前の課題だったのです。



【ナチュルアントジョー】おとしかた
今までは《ナチュル・クリフ》《クリッター》で呼ぶことができた…裏返すとそれ以外は怪しいラインでした。《孵化》はバルブ死亡でレベル1が用意しづらくなったのが痛い。


簡潔に言うと《ナチュル・マロン》の出番です。
さすがにナチュル版《終末の騎士》(正確にいえば《スクラップ・リサイクラー》)は見逃せません。確実に《ナチュル・アントジョー》を落とせますし、追加効果も狙っていけます(後述)。
ここまでマッチした能動的に墓地にアントジョーを落とせるカードが登場するとは思わなんだ…といわんばかりのご都合カードですw

デッキから墓地に送る汎用カードといえば《おろかな埋葬》と
一時話題をかっさらった《ラヴァルバル・チェイン》が存在しますね。
《ナチュル・パンプキン》でランク4を出すこともできるので、
マロンがいなかったらチェインでアントジョーを落として戦っていったのかもしれません。
…が、本当にチェインは必要なくなりました。大げさくさいけどこれはガチです。
余ったランク4枠は《No.39 希望皇ホープ》でアントジョーを守ることもできますから、ますますアントジョーは使いやすくなったといえましょう。


ちなみに手札に来てしまったアントジョーを切るのは
《ナチュル・マンティス》しか現状ありません。
《サンダー・ブレイク》《鳳翼の爆風》とかも採用圏内。これ以上は自分の好みにもなってきそうです。
《ナチュル・マロン》のおかげでアントジョーは積極的に1ターン目から落とせるようになったので、果たして手札から切るタイプのカードが何枚必要なのか、ということも考慮しないといけませんね。
除去目的なら《強制脱出装置》で済んでしまう場面も多いですし。



というように墓地に落とすことは非常に楽になりました。
マロンいなかったときのアントジョーデッキってなんだったんだ…と考えてしまうほどには。
やりたいことが本格的に狙えるのは楽しいですね。とはいえアントジョーの動きは相手にとっては気持ち悪いものなのかもしれませんが><
つづく。

  • ナチュル
  • 21:07
  • comments(0)
  • trackbacks(0)
  • 昨年の記事

【ナチュルアントジョー】たたかいかた

2012.04.06 Friday [ナチュル] by よしえ
 このデッキでは相手の特殊召喚にあわせて《ナチュル・アントジョー》の効果を使い、
相手ターン中に相手と同時に展開していくという異形のコントロールがメインとなります。
はまるとなかなか気持ち悪い動きになったりするので好きなデッキのひとつ。


基本的には
,△蕕じめ《ナチュル・アントジョー》を墓地に送っておく
∩蠎蠅瞭端貍ごする効果にチェーンして《リビングデッドの呼び声》か《リミット・リバース》を発動
《ナチュル・アントジョー》の誘発効果を発動する
の手順で進めていきます。

たとえば
じょうきょう
《ジャンク・シンクロン》で《ライトロード・ハンター ライコウ》を選択し蘇生させてシンクロを狙いにいく場面。
《ジャンク・シンクロン》の効果にチェーンして《リビングデッドの呼び声》を発動して《ナチュル・アントジョー》を先に蘇生させることでアントジョーの効果を使用できます。
じょうきょう
こうなる
アントジョーの効果で呼ぶ一番のモンスターは間違いなく《ナチュル・バタフライ》です。
例に出している状況だとジャンクロンでアントジョーに攻撃しても無効にできてしまうので非常に有利です。
となると相手はシンクロをせざるを得ないのでシンクロすると
じょうきょう
こうなる
アントジョーの効果でもう1体モンスターが呼べます。
ちなみに仮想敵《A・O・J カタストル》は一見倒せなさそうですが、
《ナチュル・フライトフライ》を呼んで次の自分ターンにナチュルを4体にすればコントロール奪取が可能に。あと普通に《スターダスト・ドラゴン》立てるとか。
そのほかモンスターへの対処方法はそれぞれ存在するかと思われます。


また
じょうきょう
《ナチュル・アントジョー》で《ナチュル・アントジョー》を呼ぶ選択肢があります。
これはアントジョーを守ることのできるカード(今回だと《デモンズ・チェーン》)があることや、攻撃を受けないメイン2での行動が条件となりますが。
《くず鉄のかかし》が安定だろと思われますが、いろんなシチュエーションを考えるとデモチェが一番有効だと思っての採用です、ご了承ください。
ジャンクロンで殴ってくるならデモチェで妨害して、そのあとシンクロしてくるなら
じょうきょう
こうなる
《A・O・J カタストル》なら《ナチュル・フライトフライ》で奪える条件を満たしています。
もしシンクロしてこなかったらアントジョー2体で《ガチガチガンテツ》を作ってもいいでしょう。
話が脱線しますが攻撃力2100の《ナチュル・マンティス》を作る「ガチガチマンティス」はかなり強烈な布陣かと思われます。


相手は《ジャンク・シンクロン》でシンクロをするというごくごく普通の行動をするだけなのに、
こちらは《リビングデッドの呼び声》+アントジョーだけでたくさん湧いてくるというギミックです。
このような2段階の特殊召喚は《召喚僧サモンプリースト》はじめまだまだあるので決して限定的なメタではありません。
かなり厳しかったですが《真炎の爆発》を凌いだこともありました。


おそらく他に類を見ない動きのテーマとなるので、ぜひ触ってみてください><
デッキ説明はまた続く。

  • ナチュル
  • 21:11
  • comments(0)
  • trackbacks(0)

【ナチュルアントジョー】

2012.04.06 Friday [ナチュル] by よしえ
モンスター(22枚)
ナチュル・マンティス×3枚
ナチュル・マロン×3枚
ナチュル・フライトフライ
ナチュル・パンプキン×2枚
ナチュル・バンブーシュート×2枚
ナチュル・バタフライ×3枚
ナチュル・ドラゴンフライ
ナチュル・スティンクバグ
ナチュル・サンフラワー
ナチュル・クリフ×2枚
ナチュル・アントジョー×3枚

魔法(6枚)
貪欲な壺
孵化
死者蘇生
月の書
サイクロン×2枚

罠(13枚)
停戦協定
強制脱出装置×3枚
リミット・リバース×2枚
リビングデッドの呼び声×3枚
デモンズ・チェーン×3枚
スターライト・ロード

エクストラデッキ
A・O・J カタストル
No.17 リバイス・ドラゴン
No.39 希望皇ホープ
No.50 ブラック・コーン号
ガチガチガンテツ
ジェムナイト・パール
スクラップ・デスデーモン
スクラップ・ドラゴン
スターダスト・ドラゴン
ナチュル・パルキオン
ナチュル・ビースト×2枚
ナチュル・ランドオルス
ブラック・ローズ・ドラゴン
氷結界の龍 ブリューナク


《ナチュル・アントジョー》主体の「ナチュル」になります。
アントジョーがいるのといないのではナチュルというテーマの戦い方そのものが変わると考えているので、そこらへんも書いていけたらと。

以下説明記事

  • ナチュル
  • 00:26
  • comments(0)
  • trackbacks(0)

ナチュルール

2010.12.13 Monday [ナチュル] by よしえ
先日のデュエルにて実際にあったことだけ紹介してみます。
ややこしい部分が多々あったりなかったり。


 團淵船絅襦Ε▲鵐肇献隋次佞相手の場に存在するときに
こちらの《ナチュル・ホワイトオーク》が攻撃宣言を行いました。
それに対応して相手が《くず鉄のかかし》を発動したので《ナチュル・ホワイトオーク》の効果をチェーンして発動。
このときの処理はどうなる?

チェーン1:《くず鉄のかかし》
チェーン2:《ナチュル・ホワイトオーク》(誘発即時)とチェーンを組んで、
チェーン2にてデッキからモンスターを特殊召喚。
このとき《くず鉄のかかし》の効果は不発として処理。
一応効果処理をはさむので、《ナチュル・アントジョー》は効果を使えない。

《ブラック・ローズ・ドラゴン》に《スターライト・ロード》を使われても同様です。
発動自体を無効にしない限り、タイミングを逃す要素が発生します。(スタロ打たれて死んだ)


◆埖膽海》って処理面倒じゃね?
相手も効果を使用できる稀有なカード。ちなみに使う機会は無かった…
・モンスターが同時に複数体破壊されると、その数だけチェーンを組んでサーチができる
裏側守備表示のモンスターが戦闘破壊されても効果発動できない
・装備状態の昆虫族モンスターが破壊されても効果を使用できる。

面倒です。憶えます。
デュエルの展開的な意味でも非常に厄介で面倒な1枚。
《ナチュル・ホーストニードル》とか《ナチュル・マンティス》が沸いてくるのは笑えない…><;


アントジョーがもうね…
チェーン2で相手の《ナチュル・アントジョー》がSSされ、
チェーン1でこちらの《ナチュル・アントジョー》がSSされたとき

まずこちらの《ナチュル・アントジョー》は相手の特殊召喚を「見ていない」ので効果を発動できません(それ以前にタイミングを逃す)。

そして相手の《ナチュル・アントジョー》の効果発動の有無を確認。
発動したら相手はモンスターをSS。

チェーン1でSSされたのでこちらのアントジョーの効果を発動できる。

相手のアントジョーの効果を…

…とモンスターの上限は5体なので埋まります(埋めることができます)。
途中で《ナチュル・サンフラワー》を出して止めることもできなくはないです。
その場合はけっこうアド損をしているのでアレですが><;


などなどいろいろありました。
憶えルールの応酬です。激しい!><
ジャッジを困らせるには十分な素材になりそうですねwマネしちゃだめですヨ?


以下米返信です><
続きを読む >>

  • ナチュル
  • 21:28
  • comments(0)
  • trackbacks(0)

ナチュルvsナチュル またかよ!

2010.12.12 Sunday [ナチュル] by よしえ
しかも今回はたまたま出会った方とのフリーでした。
しかも《ナチュル・バンブーシュート》じゃなかったです。
しかも《ナチュル・アントジョー》だったのです。


ということでおそらく【モスキート軸】と対決。
こちらが《ナチュル・フライトフライ》を立てたままターンを渡すと死に直結します。

わかっていたけど相手の《ナチュル・アントジョー》が強い…
なんか本当にもうかわいいよチクショウ…


そして
《激流葬》でお互いの《ナチュル・クリフ》が破壊され、
お互いデッキから《ナチュル・アントジョー》が出てくるという
最悪の展開もありました。
そのときは相手が譲歩してくれたので《ナチュル・フライトフライ》で奪ってシンクロしたんだったか。なんとずるいw


あと《地底のアラクネー》。使うよねw
しかしこちらは
《ナチュル・サンフラワー》《ナチュル・バタフライ》《ナチュル・アントジョー》の
鉄壁で凌ぎました。熱かった。
《ナチュル・サンフラワー》は予想外だったみたいです。確かに単体では残念ですからねえw

《ゾンビキャリア》が普通に汎用カードですし、確か向こうは《大樹海》もあったかな?
《ナチュル・ホーストニードル》も普通に強かった…



結局1勝2敗ということで負け越し。
やっぱり自分はまだまだだなあというのも感じました。
もっと強くできるはずだ…絶対に。

あとプレイマットドヤされましたw
いいなあ。ジュラックプレイマット購入もアリかも…><

  • ナチュル
  • 22:02
  • comments(1)
  • trackbacks(0)
  • 昨年の記事