スポンサーサイト

2014.02.26 Wednesday [-] by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • -
  • -
  • -
  • 昨年の記事

トゥーンギミック案

2013.02.05 Tuesday [] by よしえ
モンスター
ブリキンギョ×3枚
ブラック・ボンバー
トゥーン・マーメイド×2枚
トゥーン・ブラック・マジシャン・ガール
トゥーン・キャノン・ソルジャー×2枚
カラクリ守衛 参壱参
カラクリ参謀 弐四八
ヴァイロン・プリズム×2枚

魔法
トゥーンのもくじ×3枚
トゥーン・ワールド×3枚


そろそろトゥーンが高騰する時期なので(適当)、トゥーン集めたいと思ってるよしえです。
さてちとギミック考えようとしても頭の中だと消えてしまうのでメモ程度に書きます。

《ブリキンギョ》で《トゥーン・キャノン・ソルジャー》を出すことで《ギアギガント X》をエクシーズ、《ブラック・ボンバー》をサーチして次のターン以降に召喚キャノンソルジャー釣るまでの流れができます。
これでブラボンから《カラクリ将軍 無零》を出して《トゥーン・マーメイド》と合わせて《氷結界の龍グングニール》や!とかもできます。

単に《ブリキンギョ》のパワーも高く、《ヴァイロン・プリズム》《カラクリ守衛 参壱参》を呼んで《カラクリ大将軍 無零怒》出すこともできてすごく強いと思った(小並感)
ただ【カラクリ】の強みである《ナチュル・ビースト》を出すことができないので、いかに差別化を図るのかという課題もあったり。

キンギョと《トゥーン・マーメイド》で《バハムート・シャーク》を出すこともできますが怪しい。両者《サルベージ》対応なので狙いやすくはあります。
バハムート→《No.30 破滅のアシッドゴーレム》からの《強制転移》でロックしつつトゥーンで小突くギミックもできたりできなかったり。

前述の《ヴァイロン・プリズム》で《トゥーン・マーメイド》《ブリキンギョ》とシンクロするだけでなく、
リリースして《トゥーン・ブラック・マジシャン・ガール》を特殊召喚することで3000ダイレクトも可能になるのは盲点でした。
なによりトゥーンは万能サーチである《トゥーンのもくじ》の存在もありそこまでパーツ拾いに苦戦しないのも利点ですね。あとは《トゥーン・ワールド》のコストに目をつむれば…って感じですが…。


いろいろ考えて後々《ハーピィ・チャネラー》みたいなトゥーンが出てきたらけっこう切ない。

  • 01:49
  • comments(0)
  • trackbacks(0)

征竜でデッキ作ろうシリーズ ZW編

2013.01.20 Sunday [] by よしえ
モンスター(9枚)
嵐征竜−テンペスト×3枚
デブリ・ドラゴン×2枚
ZW−風神雲龍剣(ゼアルウェポン−トルネード・ブリンガー)
ZW−玄武絶対聖盾(ゼアルウェポン−アルティメット・シールド)×3枚

魔法(3枚)
封印の黄金櫃×3枚

罠(2枚)
リビングデッドの呼び声×2枚


突如登場した「征竜」シリーズによって各属性の構築見直しが検討されている中いかがお過ごしでしょうか、よしえです。
さて今回は風ドラゴンの「嵐征竜−テンペスト」を焦点にしてデッキパーツを考えてみます。なんだか大会主催者さんみたいな名前ですね。

「嵐征竜−テンペスト」
自分の手札・墓地からこのカード以外のドラゴン族または風属性のモンスターを合計2体除外して発動できる。このカードを手札・墓地から特殊召喚する。
特殊召喚したこのカードは相手のエンドフェイズ時に持ち主の手札に戻る。
また、このカードと風属性モンスター1体を手札から墓地へ捨てる事で、デッキからドラゴン族モンスター1体を手札に加える。
このカードが除外された場合、デッキからドラゴン族・風属性モンスター1体を手札に加える事ができる。
「嵐征竜−テンペスト」の効果は1ターンに1度しか使用できない。


「征竜」を使用するにあたって、まず《封印の黄金櫃》の有用性が抜群に上昇します。
《大嵐》などの必須カードをちょい時間をかけてサーチできるものでしたが、「征竜」を除外することで同名カードおよび同じ属性のドラゴンをサーチできる、《おろかな埋葬》《クロス・ポーター》感覚で使用できます。しかもクロスポと異なり2ターン後にはしっかり手札に加わる。
これは裁定しだいですが、《水精鱗−アビスディーネ》のルールからみるに「4つある効果のうち1つしか1ターンに使えない」という認識でいいと思うので櫃で即サーチ→即効果使用はできないと予想されます。しかしそれでも十分すぎるほどの圧縮性能であり、コンボ成立のための手段としては今までの《封印の黄金櫃》の性能をはるかに上回る使いやすさになるでしょう。


風属性である「テンペスト」の場合、有用な風ドラゴンとして《デブリ・ドラゴン》が真っ先に候補として挙げられます。
櫃テンペストでデブリをサーチした場合はターン中即座に使用できるので無駄がありません。
ただ蘇生先がいないとさびしいので、お好みで《カードガンナー》《エア・サーキュレーター》の採用が考慮に入ります。
櫃でのサーチに加えさらにデッキの安定化を図ることができるこの2枚とシナジーしている点でもデブリは強いです。また後述する《リビングデッドの呼び声》との相性も良いです。

そして今回は「ZW(ゼアルウェポン)」との相性もそこそこなので案として書いてみます。
《ZW−玄武絶対聖盾》が《デブリ・ドラゴン》で釣れる、
《ZW−風神雲龍剣》と《デブリ・ドラゴン》がテンペストでサーチできる、
と書くとなんだか回せそうな気がしてきます。
アルティメットシールドは《No.39 希望皇ホープ》のみを帰還させるわけではないため、テンペストをSSするときに除外したエクシーズモンスターでもおkですし、
さらにはテンペストでサーチできる《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》のコスト回収に役立つかもしれません。ただし現状でずばぬけて使いやすい風orドラゴンエクシーズが少ないのが難点か。デブリで《電光千鳥》狙うのは案外難しかったりもします。


そして《リビングデッドの呼び声》がおいしい。《ZW−玄武絶対聖盾》のトリガーとして使う目的のリビングデッドをより一層有効に使えます。
「征竜」は自身の効果でない特殊召喚であっても相手のエンドフェイズに手札に戻ってしまいます。これは「手札に戻して再利用ができる」と捉えることもできます。
またリビングデッドはさきに挙げた《カードガンナー》《エア・サーキュレーター》との相性もよく、総じて強烈なシナジー形成が見込めます。


ちゃんと構築してないのは、
「これ煮詰めるとZW抜けてカオドラくさくなるんだろなあ」と不安にもなっているからかもしれません!誰か作ってみては!?


  • 03:30
  • comments(0)
  • trackbacks(0)

コンタクトに「クリフォトン」案

2012.09.06 Thursday [] by よしえ
 
「クリフォトン」
効果モンスター
星1/光属性/悪魔族/攻 300/守 200
このカードを手札から墓地へ送り、
2000ライフポイントを払って発動できる。
このターン、自分が受ける全てのダメージは0になる。
この効果は相手ターンでも発動できる。
また、このカードが墓地に存在する場合、
「クリフォトン」以外の「フォトン」と名のついた
モンスター1体を手札から墓地へ送って発動できる。
墓地のこのカードを手札に加える。
「クリフォトン」のこの効果は1ターンに1度しか使用できない。


しばらくガン推ししていく予定のカードが《クリフォトン》になります。
あくまでも【コンタクト融合】における話になりそうですが。

ライフコストが2000という幅なのでE・HERO エアー・ネオスのライフ調整としては非常に便利なものになるのでは、という試み。
相手の攻撃を防ぐことももちろんできますが、自分のターンにも発動ができるのでバトルステップ時にクリフォトンを捨てて火力引き上げすることも可能になります。これは《魔法の筒》による突然死予防とあわせて《速攻のかかし》にはない利点。
防御面でも《No.16 色の支配者ショック・ルーラー》の効果にチェーンする形で発動できる、ある程度ダメージを受けてからでも発動できるなど差別化はできます。

そして申し訳程度についている「フォトン」要素。
フォトンには大正義《フォトン・スラッシャー》がいるので2種類セットでの採用もいけそうです。
E・HERO プリズマー》と合わせてエクシーズ《機甲忍者ブレード・ハート》などを狙いにいけるスラッシャーは今までも採用を考慮にいれるべきでしたが、少しだけギミックが追加されるようです。


とりあえずカイト編はクリフォトンだけでも回収しときたいです。
【フォトン】とかも作成楽しそうですが…投げ出しそうで怖い。

  • 00:13
  • comments(0)
  • trackbacks(0)

デッキ案【コンタクト】

2012.08.31 Friday [] by よしえ
ミラクル・フュージョン
ミラクル・コンタクト
コンバート・コンタクト
コクーン・パーティ

4つのギミックで遊ぶ。
《未来融合−フューチャー・フュージョン》の規制は痛いものの相も変わらず強いドローカード《コンバート・コンタクト》を駆使しつつパワーカードを待ちます。
「ネオスペ―シアン」の属性がばらけているため《カオス・ソルジャー −開闢の使者−》のカオス要素や《ダーク・シムルグ》《ダーク・アームド・ドラゴン》などのダークギミックも搭載できます。

そして《コクーン・パーティ》 での大量展開は
No.96 ブラック・ミスト》や《ダイガスタ・フェニクス》のエクシーズ召喚を狙えます。
《ネオスペース》採用するのもいいですが事故るよ(切実)
フェニクスは前述したダムルグや、風HERO《E・HERO エアー・ネオス》《E・HERO ストーム・ネオス》《E・HERO Great TORNADO》といった大型モンスターが存在するため切り札として機能しやすいと思われます。もちろん単体でも。


そろそろ《ミラクル・コンタクト》の値段が下がることを祈りつつのデッキ作成になりそうです><
《ミラクル・コンタクト》+《コンタクト・アウト》のコンボは熱そうです。
ストームからのチュッチュで回復イルカでハンデスからのエクシーズなりコンタクト融合なり…

  • 01:30
  • comments(0)
  • trackbacks(0)
Profile
profilephoto
ブログをはじめた日 2009/07/19
最新の記事更新日  2014/02/26
書いた記事     1000件
Links
●相互リンク募集してますよ〜
TweetsWind
Mobile
qrcode
モバイルページもあります。
Powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
Others