スポンサーサイト

2014.02.26 Wednesday [-] by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • -
  • -
  • -
  • 昨年の記事

TCS7使用デッキ【デーモン】

2013.12.31 Tuesday [デーモン] by よしえ
とりっく
モンスター(21枚)
魔界発現世行きデスガイド×2枚
増殖するG×3枚
終末の騎士
バトルフェーダー×2枚
トリック・デーモン×3枚
トランス・デーモン
デーモンの将星×3枚
デーモンの騎兵
ダーク・アームド・ドラゴン
ゴーストリック・フロスト×2枚
エフェクト・ヴェーラー
D.D.クロウ

魔法(12枚)
伏魔殿(デーモンパレス)−悪魔の迷宮×2枚
大嵐
堕落(フォーリン・ダウン)×3枚
死者蘇生
デーモンの斧
サイクロン×3枚
おろかな埋葬

罠(8枚)
神の宣告
神の警告
激流葬×2枚
強制脱出装置×2枚
デーモンの雄叫び×2枚

エクストラデッキ
No.30 破滅のアシッド・ゴーレム
ヴェルズ・タナトス
ゴーストリック・アルカード
ゴーストリック・デュラハン
セイクリッド・トレミスM7
ダウナード・マジシャン
フォトン・ストリーク・バウンサー
炎魔竜 レッド・デーモン
幻層の守護者アルマデス
交響魔人マエストローク
甲虫装機 エクサビートル
迅雷の騎士ガイアドラグーン
太鼓魔人テンテンテンポ
発条機雷ゼンマイン
励輝士 ヴェルズビュート

サイドデッキ
エレクトリック・ワーム×2枚
ゴーストリック・フロスト
ダイヤモンド・ダスト×2枚
王宮の鉄壁
虚無魔人(ヴァニティー・デビル)
群雄割拠×2枚
御前試合×3枚
昇天の黒角笛(ブラックホーン)
聖なるバリア −ミラーフォース−×2枚

TCS7
1:【TOD】ET×
2:【武神】×○ET△(引き分け)
3:【暗黒界】○×○
4:【征竜】×○ET○
5:【ガジェ】○×ET○
結果はなんと去年と同じ3-1-1。
ETが多くなってしまった…

TCS使用デッキはデーモンです。《ビーストライザー》を使ってやりたかったのですが、直前になって必要なカードが出てきてしまったので断念。あと武神のアマテラスも欲しかったので最高のパフォーマンスができないと判断したのもありました。
自分の【デーモン】は、相も変わらず《トリック・デーモン》による安定した回転を狙います。

◆デッキ解説
本当に今まで書いてきたことを忠実に安定して行うデッキです。今までの記事を読んでください
正直デッキのメインパワーは《堕落》以外は低く、ビートダウン・ランク3・ランク6のすべてに置いて上位互換たりうるテーマが存在しています。
しかしどれもを成立させることができるのはデーモンの強みです。

・コンセプトは「奪って殴る」
やはりこのデッキのコンセプトは「平均並みの動きの中に《堕落》(メイン3)を加える」ことです。
相手の展開抑制+フェーダーフロストを加えるための《増殖するG》(メイン3)という考えもやはりあるのですが、それ以上に《堕落》を加えたい。
そのために《アームズ・ホール》《カメンレオン》なども考えましたが、前提として安定感を失ってはいけないためどちらも不採用です。

・サイド対策されづらい
「あのデッキに対してなに入れたらいいかわからん」デッキです。
最強レベルではないけれどいろいろできるテーマなので、これもらうと死ぬというカードは多くありません。
たぶん《トリック・デーモン》を封じるための《ソウルドレイン》を入れてくるのかもしれませんが、将星やパレスの展開はそこまで影響を受けないのでそちらに切り替えることもできます。とはいえ《透破抜き》がピンポイントに来てしまったら話が変わりますが…。
ちなみに、こういうデッキに対する戦い方の基本は「メインの強さを変えない」ことだと思います。
それに加えて相手のサイドを踏み越える程度のサイドチェンジでじゅうぶんです。下手にたくさんチェンジすると低めのデッキパワーが同じぐらいになってデーモン側にチャンスが生まれてしまったり。

◆ピックアップ
ふろすとみらふぉ

《ゴーストリック・フロスト》(メイン2、サイド1)
 今まで全頼していた《バトルフェーダー》(メイン2)に加えてフロストを採用しました。
理由としては《神樹の守護獣−牙王》《ヴェルズ・オピオン》がメイン要素では突破しづらいことが挙げられます。
有名な構築が《ドラグニティ−ピルム》等を採用せずガオウを出すものではなかったことからガオウ型は少ないと見積もったのですが、やはり出させると《デーモンの斧》(メイン1、サーチ可)付けて殴るぐらいしかできないのでフロスト採用です。
結果論ですが今回ガオウ型とは当たっていません。

《伏魔殿−悪魔の迷宮−》で攻撃力が1300になるので、中途半端な守備持ちならフロスト単体で食べることもできる点はフェーダーにはない利点。あと《ゴーストリック・デュラハン》(悪魔族)も出せ、回収効果も有効に使えます。

そしてサイドの《聖なるバリア−ミラーフォース−》(サイド2)とのシナジーが強いのがフェーダーにはない特徴。
チェーン1フロスト→チェーン2バリアとチェーンブロックを組むと、
チェーン2:バリアの効果で相手モンスターを破壊

チェーン1:攻撃モンスターが不在のためフロスト不発=フロスト手札のまま
という結果になります。(フロストチェーン虚無の逆バージョン)
実質減った札はバリア1枚だけということですね(裏を返せばリリース確保はできなくなる)。

このルール自体はそりゃそうだろと思う方が多いでしょうが、この組み合わせがなかなか実戦級で、
たとえば《神竜騎士フェルグラント》や《閃こう竜 スターダスト》に対して
攻撃宣言時にフロストを発動した場合は自身を対象に効果を使うことが予想されるため
さらにチェーンしてバリアを発動、仮想敵のみならず他のモンスターも一緒に片づけられます。
他にも《武神−ミカヅチ》などの時・任意のトリガーをずらすことができるなど柔軟性に長けるコンボです。そもそも単体でも強い。
バリアはメインに入れてよかったカードかもしれません。

・メインクロウ(1)
お守り。直前の調整でいいかもと言いながら41枚目にいれときました。
決して悪くない選択だと思うし実際活躍もしましたが、なら《強制脱出装置》3枚目いれようよと思うこともあります。
あと41枚デッキにしても事故って死んだケースはありませんでした。


そのほかなにか気になるところがあったらコメントとかでどうぞ。
今後デーモンで大会を戦うかと言われると怪しいですが。。。
本当は《暗黒魔族ギルファー・デーモン》使うデッキだったのに!だったのに!

  • デーモン
  • 15:33
  • comments(0)
  • trackbacks(0)

【デーモン】レシピとちょい解説

2013.10.03 Thursday [デーモン] by よしえ
しょうせいとりっくイワパレス

モンスター(18枚)

バトルフェーダー×3枚
トリック・デーモン×3枚
魔界発現世行きデスガイド×2枚
終末の騎士
デーモンの騎兵
トランス・デーモン
暗黒魔族ギルファー・デーモン
デーモンの将星×3枚
ダーク・アームド・ドラゴン
エフェクト・ヴェーラー×2枚

魔法(14枚)
大嵐
おろかな埋葬
強欲で謙虚な壺×2枚
死者蘇生
闇の誘惑
サイクロン×2枚
デーモンの斧
堕落(フォーリン・ダウン)×3枚
伏魔殿(デーモンパレス)−悪魔の迷宮−×2枚

罠(8枚)
強制脱出装置
激流葬×2枚
デーモンの雄叫び×2枚
シェイプシスター×2枚
神の警告

エクストラデッキ
霞鳥クラウソラス
幻層の守護者アルマデス
獣神ヴァルカン
エンシェント・フェアリー・ドラゴン
炎魔竜 レッド・デーモン
クリムゾン・ブレーダー
発条機雷ゼンマイン
No.30 破滅のアシッド・ゴーレム
ヴェルズ・タナトス
交響魔人マエストローク
甲虫装機 エクサビートル
ガントレット・シューター
セイクリッド・トレミスM7
フォトン・ストリーク・バウンサー
迅雷の騎士ガイアドラグーン


なんだかんだ愛用している【デーモン】です。
だいぶしっくりくる構築になってきたので、いちからの解説も改めて書きますよ〜。
続きを読む >>

  • デーモン
  • 13:00
  • comments(0)
  • trackbacks(0)

「琰魔竜 レッド・デーモン」

2013.07.16 Tuesday [デーモン] by よしえ
「琰魔竜 レッド・デーモン」
星8 闇 ドラゴン族・シンクロ 3000/2000
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
1ターンに1度、自分のメインフェイズ1でのみ発動できる。このカード以外のフィールド上に表側攻撃表示で存在するモンスターを全て破壊する。この効果を発動するターン、このカード以外のモンスターは攻撃できない。


《閃こう竜 スターダスト》に続くリメイク(?)シンクロモンスター。
これでローズとブラックフェザーを残すのみとなりました。

単純明快なボカーンと破壊活動後にレッドデーモンは殴れるという優秀な効果です。
今環境こそ強靭な破壊耐性持ち、優秀な除去がそろうことが多く感覚が壊れていて微妙にみえてしまいそうですが、
大量にモンスターが並ぶ【炎星】や【カラクリ】にたいしては恐ろしく刺さります。

「このモンスター以外」殴れないので、肝心の3000では殴ることができるんですね。
《ブラック・ローズ・ドラゴン》とは違い追撃が可能となっています。
《エフェクト・ヴェーラー》喰らっても打点で押せる、次のターン以降も使えるのは本当に強い。


逆転を狙いやすいカードなので、1枚から8シンクロを作れる《カメンレオン》などの強さは上昇したといえます。《ヴァイロン・プリズム》で4000にして直撃も強い。

そして《レッド・デーモンズ・ドラゴン》と同じく「デーモン」と名のつくカード。
このカード警戒でモンスターを守備表示にしてくる相手に対しては《堕落》で一気に致死量のダメージを与えることができ、また《デーモンの雄叫び》での蘇生や、自分のモンスター巻き込みつつ《万魔殿−悪魔の巣窟−》発動トリガーなど、できることは多そうです。

《カメンレオン》もデーモンデッキでは採用候補になっていますが、いかんせん逆転を狙うシンクロ・エクシーズは黒薔薇が関の山ぐらいでした。そこにこのカードを投入できるならさらなる強化になっていると言えます。単純にデメリットなし3000打点ってのも強いんだなーこれが。


あ、《闇のデッキ破壊ウイルス》も撃てます。
特に文句の言えない、悪い点が目立たないカードがコミックで手に入るというのはいいことですね。

  • デーモン
  • 21:44
  • comments(0)
  • trackbacks(0)
  • 昨年の記事

【デーモン】こんなもん

2013.06.18 Tuesday [デーモン] by よしえ
モンスター(20枚)
魔界発現世行きデスガイド×2枚
終末の騎士×2枚
暗黒魔族ギルファー・デーモン
バトルフェーダー×3枚
トリック・デーモン×3枚
トランス・デーモン
デーモンの将星×3枚
デーモンの騎兵
ダーク・アームド・ドラゴン
ゾンビキャリア
エフェクト・ヴェーラー×2枚

魔法(10枚)
伏魔殿(デーモンパレス)−悪魔の迷宮
大嵐
堕落(フォーリン・ダウン)×3枚
死者蘇生
月の書
闇の誘惑
デーモンの斧
おろかな埋葬

罠(10枚)
神の宣告
神の警告
激流葬×2枚
強制脱出装置×2枚
闇のデッキ破壊ウイルス×3枚
デーモンの雄叫び

エクストラデッキ
A・O・J カタストル
No.30 破滅のアシッド・ゴーレム
ヴェルズ・タナトス
オリエント・ドラゴン
ガントレット・シューター
クリムゾン・ブレーダー
スクラップ・ドラゴン
セイクリッド・トレミスM7
フォトン・ストリーク・バウンサー
レッド・デーモンズ・ドラゴン
交響魔人マエストローク
甲虫装機 エクサビートル
迅雷の騎士ガイアドラグーン
超念導体ビヒーマス
発条機雷ゼンマイン

_人人人人人_
> 0−4 <
 ̄Y^Y^Y^Y ̄
(ヨッCSにて)

大会出たものをもうちょいいじったものになります。
初手トリックするために《終末の騎士》を増量し、それに伴い《ゾンビキャリア》導入。殴れない将星をフォローする役割もあります。

《デーモンの雄叫び》《デーモンの斧》《伏魔殿−悪魔の迷宮−》は最低限でもいけることがわかりました。それぞれ強みを持ちたいならば増やすこともできますが現在は安定を目指します。


…いやーしかし全然勝てなかったですw
日曜参加したヨッCSではもう一人のデーモンの方がメイン鉄壁3闇3だったそうな。ガンメタならチャンスあるんでしょうか。いやさ経験の差でしょうかね…。
とりあえず疲れたので()いったん大会向けの考えはお休みして、楽しむ方向で全力を尽くしたいです。
あとそろそろ《ビーストライザー》使いたい。いやデーモンでじゃあなくて!

  • デーモン
  • 22:38
  • comments(0)
  • trackbacks(0)
  • 昨年の記事

パンディモ裁定

2013.05.22 Wednesday [デーモン] by よしえ
 ぱんでも
《万魔殿−悪魔の巣窟−》
フィールド魔法
「デーモン」という名のついたモンスターはスタンバイフェイズにライフを払わなくてよい。
戦闘以外で「デーモン」という名のついたモンスターカードが破壊されて墓地へ送られた時、
そのカードのレベル未満の「デーモン」という名のついたモンスターカードを
デッキから1枚選択して手札に加える事ができる


さて新弾で「デーモン」が強化され新たなフィールド魔法《伏魔殿−悪魔の迷宮−》も登場しましたが、デーモンには既存のフィールド魔法だってあります。
デーモンの戦闘以外での破壊をトリガーとして手札補充を行うカードですが、
そういえば…と気になるルールを確認してみると…?
続きを読む >>

  • デーモン
  • 21:23
  • comments(0)
  • trackbacks(0)

8軸デーモンと笑えない裁定

2013.05.18 Saturday [デーモン] by よしえ
おっとつま

モンスター(20枚)
戦慄の凶皇−ジェネシス・デーモン×3枚
暗黒の侵略者
ヘル・エンプレス・デーモン
ファントム・オブ・カオス
バトルフェーダー×2枚
トリック・デーモン×2枚
デーモンの騎兵
ダーク・グレファー×3枚
ダーク・アームド・ドラゴン
カメンレオン×2枚
エフェクト・ヴェーラー×2枚
BF−精鋭のゼピュロス

魔法(11枚)
伏魔殿(デーモンパレス)−悪魔の迷宮×2枚
大嵐
堕落(フォーリン・ダウン)×3枚
死者蘇生
闇の誘惑
おろかな埋葬
D・D・R(ディファレント・ディメンション・リバイバル)×2枚

罠(9枚)
奈落の落とし穴×2枚
神の宣告
神の警告
激流葬×2枚
リビングデッドの呼び声×2枚
デーモンの雄叫び


《戦慄の凶皇−ジェネシス・デーモン》
効果モンスター
星8/闇属性/悪魔族/攻3000/守2000
このカードはリリースなしで召喚できる。
この方法で召喚したこのカードの元々の攻撃力・守備力は半分になり、
エンドフェイズ時に破壊される
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
自分は悪魔族以外のモンスターを特殊召喚できない。
また、1ターンに1度、自分の手札・墓地の
「デーモン」と名のついたカード1枚をゲームから除外して発動できる。
フィールド上のカード1枚を選択して破壊する。

《ヘル・エンプレス・デーモン》
効果モンスター
星8/闇属性/悪魔族/攻2900/守2100
このカード以外のフィールド上で表側表示で存在する
悪魔族・闇属性モンスター1体が破壊される場合、
代わりに自分の墓地に存在する悪魔族・闇属性モンスター1体を
ゲームから除外する事ができる。
また、フィールド上に存在するこのカードが破壊され墓地へ送られた時、
「ヘル・エンプレス・デーモン」以外の
自分の墓地に存在する悪魔族・闇属性・レベル6以上のモンスター1体を
選択して特殊召喚する事ができる。


この2大デカブツで戦うタイプのデーモンを考えてみます。
サポートが多く簡単に蘇生できる破壊効果持ち《戦慄の凶皇−ジェネシス・デーモン》と
それを補佐する《ヘル・エンプレス・デーモン》が中心です。
続きを読む >>

  • デーモン
  • 15:31
  • comments(0)
  • trackbacks(0)
  • 昨年の記事

デーモンで考えること

2013.04.28 Sunday [デーモン] by よしえ
先日投稿したデッキレシピだけでは味気ないのでちょいと考えることできること書いておきます。


《闇のデッキ破壊ウイルス》を撃ちやすい
環境的に見るならばこの点を優先しなければならないかと。
《デーモンの将星》《No.66 覇鍵甲虫マスター・キー・ビートル》をコストに発動でき、
特に将星ならば先攻で闇デッキの準備をすることは容易です。

あとウイルスによるピーピングができるので《エフェクト・ヴェーラー》が超怖い《魔界発現世行きデスガイド》も比較的安心して使用できます。

しかしウイルスだけ見るなら他にもヴェルズなどが即座に発動できるため別の面で価値を造らなければならないので…


《堕落》
メインパーツから入るコントロール奪取がこのデッキのアイデンティティになります。
《伏魔殿−悪魔の迷宮−》の登場により「デーモン」カードの維持が段違いに安定してきて、
かつ強力な大型モンスターが出てきやすい環境にもあるので弱いわけはないです。
ただしまともなサーチ手段がないので引けないときの不安定さが露骨に出るかもしれません。
いちおう《パワー・ツール・ドラゴン》が入ってますが、今の構築だと《エフェクト・ヴェーラー》を使う前提になるので本当にいちおうの算段です。

対征竜については、《エレクトリック・ワーム》《堕落》を合わせて一気に畳み掛ける戦法をとってみました。…引けない試合が多かったのはないしょ。
しかしながら「しっかり耐えて、返す」戦法に間違いはなかったので
《冥府の使者ゴーズ》《バトルフェーダー》は必要と感じています。ゴーズはフィールド魔法と相性悪いのでフェーダーフル投入に変更すべきなのかもしれません。


・耐える
ということで前述のとおり耐える必要があります。
繰り返しになりますが、《バトルフェーダー》はぜひ投入したいカードです。
「デーモン」自体が堅守テーマでないがゆえに相手の大量展開からの攻撃を止めつつ、次のターンの《伏魔殿−悪魔の迷宮−》につなげて反撃という、おそらくそれを目的にデザインされたのかなーぐらいのきれいな流れが形成できます。
デーモンである《トランス・デーモン》の効果で回収できるのでけっこう粘ることもできます。

…プラス罠の選択なんですが、これまた難しいです。
《激流葬》については《トリック・デーモン》のトリガー、《魔界発現世行きデスガイド》のヴェーラー避けなど役割を持てるタイミングが多々あると思うので自然に投入できます。

名前的に《デモンズ・チェーン》だろとも思ったんですが、実はあやしいです。
なにより《堕落》が重要なデッキパーツになるので、奪ったモンスターで殴れなくなっている状況を作ってしまうのはすこぶるよろしくなかったりします。どちらかというと《ブレイクスルー・スキル》のほうが個人的には好きです。

《水精鱗−アビスリンデ》《アビスフィアー》みたいな構えとは違って
《トリック・デーモン》はライフを守ってくれる働きがないので、最低限の防御と反撃の準備ぐらいの心構えで臨みたいです。
あと《リビングデッドの呼び声》とか《BF−精鋭のゼピュロス》とかそりゃあ考えるけど…速度的にどうなんでしょうね?


・斧
割とたくさんあるデーモンカードの中でも(ギルファーは特別として)、
推しメンは《デーモンの斧》です。
《堕落》のトリガーのみならず、単純に1000のパンプアップとして引導火力になることも多かったです。なぜか《セイクリッド・トレミスM7》に付けて殴ることが多かった…。
相手に斧を装備した後で堕落して高い攻撃力で殴るのも戦術のひとつ。
比較的安定した維持のできる《伏魔殿−悪魔の迷宮−》も登場しましたが、こちらも召喚権を使うことなく堕落できるカードの候補としてはじゅうぶん強いと思います。
だがピン。もちろん(?)ピン。《パワー・ツール・ドラゴン》の存在も考えて4枚目の装備魔法がデッキにあるとなんだかほっとします。


・悪魔族
悪魔族「デーモン」のみならず
《交響魔人マエストローク》などの「魔人」シリーズや
《ヴェルズ・タナトス》《ヴェルズ・ナイトメア》の一部「ヴェルズ」エクシーズが悪魔族であるため、《伏魔殿−悪魔の迷宮−》の攻撃力500アップの恩恵を受けます。
これは《暗黒界の門》の300よりも高い数値で、特に2850の《ヴェルズ・タナトス》は想像以上に強力です。今回採用していませんが《Sin スターダスト・ドラゴン》とコンボすることもできます。


…とりあえずこんなところでしょうか。
と思ったら将星について全然書いてなかったです。使い勝手もあわせて今度書きます。

  • デーモン
  • 03:33
  • comments(0)
  • trackbacks(0)
  • 昨年の記事

【6軸デーモン】

2013.04.24 Wednesday [デーモン] by よしえ
モンスター(20枚)
冥府の使者ゴーズ
魔界発現世行きデスガイド×2枚
終末の騎士×2枚
暗黒魔族ギルファー・デーモン
バトルフェーダー×2枚
トリック・デーモン×2枚
トランス・デーモン×2枚
デーモンの将星×3枚
デーモンの騎兵
ダーク・アームド・ドラゴン
エフェクト・ヴェーラー×3枚

魔法(11枚)
伏魔殿(デーモンパレス)−悪魔の迷宮×2枚
大嵐
堕落(フォーリン・ダウン)×3枚
死者蘇生
月の書
闇の誘惑
デーモンの斧
おろかな埋葬

罠(9枚)
神の宣告
神の警告
激流葬×2枚
闇のデッキ破壊ウイルス×3枚
ブレイクスルー・スキル×2枚

エクストラデッキ
No.30 破滅のアシッド・ゴーレム
No.66 覇鍵甲虫マスター・キー・ビートル
ヴェルズ・タナトス
ヴェルズ・ナイトメア
ガントレット・シューター
クリムゾン・ブレーダー
セイクリッド・トレミスM7×2枚
パワー・ツール・ドラゴン
レッド・デーモンズ・ドラゴン
虚空海竜リヴァイエール
交響魔人マエストローク
甲虫装機 エクサビートル
迅雷の騎士ガイアドラグーン
発条機雷ゼンマイン
(できれば《太鼓魔人テンテンテンポ》入れたい…)

叩き台だぞ!叩け叩け!!
…はじめて作ってみた【デーモン】です。
とりあえず構築してみて、もうちょい特化してもいい部分等紹介していけたらと思います。

  • デーモン
  • 21:22
  • comments(0)
  • trackbacks(0)
  • 昨年の記事
Profile
profilephoto
ブログをはじめた日 2009/07/19
最新の記事更新日  2014/02/26
書いた記事     1000件
Links
●相互リンク募集してますよ〜
TweetsWind
Mobile
qrcode
モバイルページもあります。
Powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
Others