<< 「琰魔竜 レッド・デーモン」 | main | 【スリーブ】オーバースリーブミニで遊ぶ >>

スポンサーサイト

2014.02.26 Wednesday [-] by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • -
  • -
  • -
  • 昨年の記事

SHSP気になるカード

2013.07.20 Saturday [OCG] by よしえ
 こんばんはよしえです。オールスターの時期ですね。
今回はシャドウ・スペクターズ気になるカードってことで、適当にお店をまわってみたところでだいたいの値段とか書いてみました。

《武神−ミカヅチ》
売ってない
2000買取なんかも見かけましたし、《武神−ヤマト》かそれ以上のレートのようです。風のうわさでは《武神−ヤマト》と違って3枚積み前提ではなさそうですが…?
9月からに期待のテーマ。《炎舞−「天キ」》の行方に左右されそう(゜.゜)

《手違い》
200〜300
《ソウルドレイン》なんかはいまだと100円コースだったりもしますが、それよりもメタ範囲の広いサーチを狙ったもの。200なら買いかなとは思いました。

《神竜騎士フェルグラント》
500〜800
高いところだと1000も。《聖刻神龍−エネアード》とだいたい同じぐらいのスタート。
安定した出し方が見つからないならどんどん下がるとは思います。このパック単体では《No.46 神影龍ドラッグルーオン》を出すルートの選択肢としてこちらも出せますね。フェルグラントのほうが強い

《武神帝−カグツチ》
300〜600
レリーフだとやたら高かった印象。
ウルトラは200のところもあったんですが、気付いたら売切れてました。
《熱血獣士ウルフバーク》1枚で出せる脅威の耐久持ちとして個人的にはかなり期待しているのですが思った以上に低調な出だし。「武神」としてのこのカードの評価はいまいちだそうな。

《No.64 古狸三太夫》
300〜500
こちらスーパーレアだけど控えめ価格。
活躍するかは「おジャマ」次第かも。…といいつつ《子狸ぽんぽこ》のポテンシャルには期待してます。
ノーマル狸はそれぞれ10円で買えました。《暗炎星−ユウシ》《トリオンの蟲惑魔》《カメンレオン》といい強いカードがノーマルなのはいいですね。

《鬼岩城》
50〜150
《超念導体ビヒーマス》と同じぐらい。
あっても1枚しか欲しくならないだろうし値段としてはこんなもんなんでしょうかねー。

《貪欲で無欲な壺》
700〜
600ぐらいかなと思ったらちょっと高め。
発動条件を満たすように工面することはそこまで困難ではないと思います。
ただバトルフェイズ放棄が、モンスター種族を多彩にするデッキにとってどれだけの痛手になるかはわかりません。《No.11 ビッグ・アイ》とか狙うことになるのかな。





《闘争本能》
10円で買えました。

●同じカテゴリの最新記事
  • OCG
  • 21:18
  • comments(1)
  • trackbacks(0)

スポンサーサイト

2014.02.26 Wednesday [-] by スポンサードリンク

  • -
  • 21:18
  • -
  • -
  • 昨年の記事
Comment
10円……ww
まあそうですよね。
ちなみに、ジュラックデッキで闘争本能が聖槍収縮にとって代わるか、結局聖槍収縮より優先するほどではないかどちらだと思いますか?
僕はまだ手に入れてませんが、多分後者になるんだろうなと思います。
  • fuji
  • 2013/07/23 4:04 PM
Add Comment









Trackback URL
Trackback