スポンサーサイト

2014.02.26 Wednesday [-] by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • -
  • -
  • -
  • 昨年の記事

キューブドラフトがふれ祭 モンスター

2013.11.26 Tuesday [OCG] by よしえ
☆9 《ジュラック・タイタン》 3
☆8 《竜脚獣ブラキオン》 3
《究極恐獣》 3
☆6 《フロストザウルス》  3
《暗黒ドリケラトプス》 3
《ジュラック・ヘレラ》 3
☆4 《ハイドロゲドン》 4
《大くしゃみのカバザウルス》 3
《ジュラック・ヴェロー》 3
《ヴェルズ・サラマンドラ》 3
《奇跡のジュラシック・エッグ》 3
《エレメント・ザウルス》 3
《ハイパーハンマーヘッド》 3
《ジュラック・グアイバ》 3
《ジュラック・イグアノン》 3
《ディノインフィニティ》 2
☆3 《俊足のギラザウルス》 3
《暗黒プテラ》 3
《ジュラック・デイノ》 3
《ジュラック・モノロフ》 3
《ジュラック・プティラ》 3
☆2 《ジュラック・ガリム》 3
《ジュラック・スタウリコ》 3
☆1 《ジュラック・アウロ》 3
小計   72
 
☆8 《モザイク・マンティコア》 1
☆7 《森の狩人イエロー・バブーン》 3
《百獣王 ベヒーモス》 3
☆4 《焔虎》 3
《チェーンドッグ》 3
《フレムベル・ヘルドッグ》 3
《魂を喰らう者 バズー》 3
《極星獣グルファクシ》 3
《巨大ネズミ》 3
《素早いビッグハムスター》 3
《怒れる類人猿》 3
《王虎ワンフー》 3
☆3 《X−セイバー エアベルン》 3
《極星獣タングニョースト》 3
《星見獣ガリス》 3
《極星獣タングリスニ》 3
《魔轟神獣ガナシア》 3
☆2 《ゼンマイニャンコ》 3
《尾も白い黒猫》 1
《ハネハネ》 1
《エレファン》 1
《モグモール》 2
《魔轟神獣ケルベラル》 3
《子狸ぽんぽこ》 3
《子狸たんたん》 3
《コアラッコ》 3
☆1 《魔轟神獣キャシー》 3
小計   72
 
☆8 《地球巨人 ガイア・プレート》 3
《剛地帝グランマーグ》 3
☆6 《パワー・ジャイアント》 3
《地帝グランマーグ》 3
☆5 《ビッグ・ピース・ゴーレム》 3
《ギガストーン・オメガ》 3
《守護者スフィンクス》 3
《激昂のムカムカ》 3
☆4 《ナチュル・クリフ》 3
《ギガンテス》 3
《コアキメイル・ガーディアン》 3
《ゴゴゴゴーレム》 3
《ゴゴゴジャイアント》 3
《ブロック・ゴーレム》 3
《ヴェルズ・ヘリオロープ》 3
《磨破羅魏》 3
《ゴゴゴギガース》 3
《黒曜岩竜》 2
《コアキメイル・サンドマン》 1
《岩の精霊 タイタン》 1
☆3 《ナチュル・ロック》 3
《岩石の巨兵》 3
《カオスポッド》 3
《モーム》 3
☆2 《メタモルポット》 3
《泣き神の石像》 2
小計   72
 
☆8 《デビルドーザー》 3
☆6 《セイバー・ビートル》 3
☆5 《オオアリクイクイアリ》 3
《ヴァリュアブル・アーマー》 3
☆4 《ジャイアントワーム》 3
《電動刃虫》 3
《ナチュル・マンティス》 3
《カブトロン》 3
《スパイダー・スパイダー》 3
《インフォーマー・スパイダー》 3
《アーマード・ビー》 2
《ナチュル・スパイダーファング》 1
☆3 《スカラベの大群》 3
《共鳴虫》 3
《イナゴの軍勢》 3
《ナチュル・バタフライ》 3
《ナチュル・フライトフライ》 3
《死の4つ星てんとう虫》 3
《パクバグ》 3
☆2 《人喰い虫》 3
《ナチュル・アントジョー》 3
《ゴキポン》 3
《ダニポン》 3
☆1 《魔導雑貨商人》 3
《レベル・スティーラー》 3
小計   72

  • OCG
  • 21:14
  • comments(0)
  • trackbacks(0)

【お知らせ】JDC2 TRIAL 1ST、そして…

2013.11.12 Tuesday [OCG] by よしえ
こんばんは、どたばたして1週間くらい記事が書けませんでした…。

さてさて、最近の話題はJDC2です。
2012年に第1回があり、なんと2014年にふたたび開催されるということで、本選でのBYEもあるトライアル大会が開催されます。
トライアル第1弾が「JDC2 TRIAL 1ST」なのですが、なんと今回わたくしよしえもスタッフ参加します

ということは、つまり…
http://yugioh-jdc.info/committee/
JDC2スタッフとして活動させていただくことになりました。
元住吉清涼遊戯祭のお手伝いから1年半も経たずの今日ですが、いろんな経験を積むことができ、今回のイベントスタッフに参加することができました。
古くから遊戯王非公認大会を支える東海CS運営陣のみなさんや、Fordさんやテンペストさんはじめ今までずっと関わりがある方々、あるいは東北のイシゴーさん、九州の「担い手」Tetsuさん、まだまだたくさんの有名で手腕をふるうスタッフのみなさまと交流したり、一緒に働くことができることは本心から光栄なことだと思っています。高校1年ぐらいの自分にこんな報告したらおったまげるなあ。

遊戯王をより盛り上げるイベントとしてのJDC2、下積みとしてのトライアルや関連大会も続々登場するはずです。
みなさんと一緒に楽しくイベントを過ごせればなによりと思います。頑張りますよー!

  • OCG
  • 20:40
  • comments(0)
  • trackbacks(0)

ななみCS終了+

2013.11.04 Monday [OCG] by よしえ
土曜日のななみCSと、本日のさりーCSも無事終了しました。
ななみはお手伝いできましたが、さりーのほうは大学でいけませんでした。申し訳ないです…。ただ僕がいなくても豪華なスタッフがいるのでまったく問題はないと思いましたが!

・スタッフ陣
とても豪華でした。ななみは東北から九州までいろんなところから戦力が集まり、しっかりしたCS運営ができました。
イシゴーさんと一緒に「自分がいなくても大丈夫…」みたいな謙遜ばっかりしていましたが、イシゴーさん含め、冗談抜きに精鋭ぞろいでした。終日安心して、落ち着いて仕事ができたと思います。
…ちなみに、今回はヘッドジャッジ担当ではないです。何回もヘッド言われてたけど。
ルール質問については、新宿杯と比べても非常に少なかった印象で、これといった問題もなかったです。不思議ですね。

・サブイベ
今回はヘッドじゃないので(2回目)、サブイベの担当にまわりました。
キューブドラフトとサブトーナメント戦、あるいはその周囲でのフリーも含めて、みなさん楽しい時間を過ごされていたようでなによりです。
参加賞で「お菓子引き換え」制度があったんですが、意外と知らずに過ごしてしまった人もいるかもしれません。もう少し通知を増やしてもよかったかもしれませんね。


次のJDCトライアルもスタッフはオールスターで行うと思われます。
今回のななみの優勝チームにはJDCのBYEがついてくるよ!という宣伝文句もありましたし、ななみのスタッフをやっていた人がJDCも…という考えに至るのは不自然ではないかもしれません。ということは…?なんでしょう。

ぷれま
(ななみCS (お茶会)@shelparfy さまのツイートより)
オリジナルプレイマットも素敵でした。七海ちゃんプレイマット欲しかったな〜!(たわごと)

  • OCG
  • 23:00
  • comments(0)
  • trackbacks(0)

地元で非公認大会、やります

2013.10.27 Sunday [OCG] by よしえ
12月1日に楽田ふれあい遊戯祭なるものを開催します。ほんとです。
地元の楽田ふれあいセンターにはいつもお世話になりっぱなしなので、ここでやってみようかなあと思う所存です。

隠れテーマは「俺も行きたい遊戯王非公認」です。
オフ会に近くもあり、だけどグダらずしっかり賞品つけたいと。

サブイベントも充実させるつもりです。筆記試験で僕と勝負!!!

いろんな大会スタッフを務めたり参加したりで、その経験も昇華できればと思っています。
とりあえず出れそうだと思ったら参加登録してくれー!頼むー!!(本音)

  • OCG
  • 00:33
  • comments(0)
  • trackbacks(0)
  • 昨年の記事

新参杯とデッキ

2013.08.31 Saturday [OCG] by よしえ
 こんな時間に起きてると寝坊すると思います。よしえです。
あっという間に8月末ですね。バイト終わってほっとしたら結局風邪をひきました。果たしてなんかしら成長はあったかしら…?

さて月末の今日ですが、新参杯さんに参加してきます。
新宿杯のプリキュア担当でもおなじみOWNGOALさん主催の非公認大会です。
エントランスに載せない程度の小規模な〜というノリでしたが、徐々に徐々に参加枠が増えて44人の大会になってました。すごいですね。
相変わらず開催間近での大会の紹介記事になってしまいました。。。


・ユニーク
自分がつぶやいたのが広まってステマ(笑)呼ばわりされてしまったのですが「大会において使用したデッキがデッキ分布の中で唯一のものだった場合粗品が贈呈される」という別枠での賞も用意されていたり、あと参加者さんにそれぞれのHNがついたネームプレートもプレゼントされるそうです。
鷹の目杯でもスタッフとしてラミネート作業に勤しんでいたオンゴさんならではの準備で、大会自体もユニークなものになるのではと楽しみにしております。


・デッキ
…しんどい
まだメタゲームが確定しているわけではないので、思い切りのあるデッキで挑みます。オンリー賞狙いというのもありますが!
魔導征竜(征竜は健在のようですが!)時代もようやく終わりを迎えて、特に今は多種多様なデッキが見られます。
いろんなデッキと闘えるといいですねー!

そういう意味ではガンスリンガー形式の大会も出てくるのではと思います。
今期はまずとにかくたくさんデュエルしたいと思ってる人が多いはずですぞ!!

  • OCG
  • 03:34
  • comments(0)
  • trackbacks(0)
  • 昨年の記事

2013.9 新制限 日本と海外

2013.08.22 Thursday [OCG] by よしえ
赤字が日本での規制変更カード、
青字が海外での規制変更カード、
緑字が日本・海外共通の規制変更カード。

【禁止】
《炎征竜−バーナー》
《水征竜−ストリーム》
《地征竜−リアクタン》
《風征竜−ライトニング》
《魔導書の神判》

《E・HERO エアーマン》 
《No.16 色の支配者ショック・ルーラー》
《手札抹殺》
《六武の門》
《大嵐》
《死者蘇生》
《貪欲な壺》
《超再生能力》(日本では制限に)
《神の宣告》
《血の代償》


【制限】
《A・ジェネクス・バードマン》

《ゼンマイシャーク》
《No.11 ビッグ・アイ》
《氷結界の龍 トリシューラ》(海外では禁止のまま)
《水精鱗−ディニクアビス》
《立炎星−トウケイ》
《超再生能力》(海外では禁止に)
《霞の谷の神風》
《アビスフィアー》

《海皇の竜騎隊》  
《深海のディーヴァ》
《炎星師−チョウテン》
《ライオウ》 
《レスキューラビット》
《氷結界の虎王ドゥローレン》 
《セイクリッド・トレミスM7》
《次元の裂け目》
《封印の黄金櫃》
《王家の生け贄》
《奈落の落とし穴》
《強制脱出装置》
《闇のデッキ破壊ウイルス》
《マクロコスモス》
《ソウルドレイン》
《激流葬》 


【準制限】
《炎舞−「天キ」》

《カオス・ソーサラー》
《剣闘獣ベストロウリィ》
《N・グラン・モール》
《冥府の使者ゴーズ》
《黒い旋風》(海外では制限解除)

《馬頭鬼》
《ゾンビキャリア》
《TG ストライカー》
《次元幽閉》 


【制限解除】
《月読命》
《E−エマージェンシーコール》
《強欲で謙虚な壺》
《スケープ・ゴート》

《ゼンマイマジシャン》
《高等儀式術》
《名推理》
《聖なるバリア−ミラーフォース−》

《D−HERO ディアボリックガイ》
《神秘の代行者 アース》
《ヒーローアライブ》
《黒い旋風》(日本では準制限)
《召集の聖刻印》



違いすぎワロタ

Vジャンプがついてくるルール冊子買ったら制限リストもついてました!
後で記事にするかもしれませんがルール冊子の内容はとても良いと思います。必携ですよ!!


日本と海外で新制限(リミットレギュレーションというらしい)が大幅にズレることになりました。
なんだか海外はまるでカジュアルデッキ大会向けの制限のような…。《奈落の落とし穴》《強制脱出装置》の規制のかけかたが特にそれを感じさせます。…というより制限カード多すぎ。

それとあわせて日本公認大会での、他言語版カードの使用禁止という情報も流れています。
なんだかテーマうんぬんだけでなく、遊戯王そのものの環境が激変していますね。
これによって、例えば《氷結界の龍 トリシューラ》は「日本では使えるが、海外版は公認大会では使用できない」というなんとも難しい立場のカードに。米DTの値段は落ち着くのかもしれません。
トリシューラだけでなく海外版そのものの扱いも激変し、カードショップ、通販ショップの動きもあわただしいようです。はねまんさん大変そう…。

「だけど非公認大会では他言語を使える」という流れは、非公認大会にプレイヤーを今まで以上に流入させる事態になってしまいそうですが、それは大丈夫なのでしょうか?
おそらくは公認大会における参加賞・賞品をオリジナルのカードorグッズにするのではと予想できますが、それ以上に海外版での統一や妥協使用をしているプレイヤーを減らすことになるのは懐疑的です。
まずは《E・HERO プリズマー》あたりを早めに配っておいた方がいいのでは…。


登場してから半年程度のカードを禁止にしてしまったという事実も、
そんな規制からはじめて3か月スパンにリミットレギュレーションを変更することも、
なんだかカードの設計ミスがあっても都合の良い方向にしているだけのものになっていてとても不安な要素です。
そう簡単に遊戯王と離れることはないと信じていますが、なんというか…不安です。

  • OCG
  • 19:30
  • comments(0)
  • trackbacks(0)

ドラフト俺

2013.08.14 Wednesday [OCG] by よしえ
 お久しぶりです。帰省してのんびり生活しています。

さて最近ではTGCSでもあったそうなドラフト。
先人の影響も受けつつ、僕もキューブドラフトのプロトタイプを作って地元で遊んでいます。
ドラフト=「選抜」です。野球のアレもこのドラフトです。


・種族ドラフト
特定の種類の種族を中心にモンスターを採用していく形式のドラフト。
種族ごっちゃでも一応戦える程度には汎用性を保ちつつも、種族で合わせるとなお強くなることを理想とします。
だいたいこちらパクリリスペクト。
まあ当ブログのタイトルを見るに種族のひとつぐらいはわかりそう…ですね…。


・720枚カードを集める
1パック5枚*9パック*4人*4回=720枚です。
最悪ハーフでもいいんですが、それだとカードプールが狭くなりがちなので広げます。
カードを集める作業が想像以上に怠かったです。「2枚は持ってるけど…」というカードの圧倒的な数よ。しばらくの間ストレージ民になっていました。
だいたい2週間かそれ以上かかったと思います。無駄遣いがクッソ増えるので自分の持っているカードを確認するのが何より第一行動です!

基本的に同じカードは3枚揃えます。
ただ相互互換に近いカード(《炸裂装甲》と《万能地雷グレイモヤ》みたいなもの)は2*2にしてもいいかもしれませんし、《ハイドロゲドン》や《輪廻天狗》など同名を指定するカードについては4枚以上あったほうが強さが出て、なにより取り合いの楽しさが出てきます。


・カードを管理する
エクセルを使いました。

風景
(リストの一部)

集めるまでの過程も含めて、とてもじゃないけど全部覚えるのはできません。
シート別で集計とかもできてあらためてエクセルさんの便利さを実感…。もっとパソコンには強くなりたいです(゜_゜)
あとドラフトとは無関係ですが、単純に自分が持っているカード把握にも役に立ち、禁止カードの管理には向いているというのはマジです。ただ噂の《氷結界の龍 トリシューラ》についてはドラフトに使うには強すぎる気もするんだよなあ…。


・スリーブ
これが一番悩む。
ウルプロスモールで統一したいですが金銭面を考えるとちょっと引け目を感じてしまったり。
今はプロットなのでノースリでやってますが、やっぱり傷とかレアカードとかを考慮に入れるとスリーブは欲しいです。それとパック詰めするためのスリーブも必要だったり…。


・実際遊ぶ
楽しい。本当にこれに尽きます。
普段パズドラばっかやってる連中でも遊戯王を一度でも触ったことがあるなら楽しくやっているように見えました。
そこで差がつくのがやはりドラフト中の構築面で、「えっ何か意図してピックしてデッキ作ってるのすげえ」というような展開にもできるので種族ドラフトはうまくいっているのかも。

あ、あとできるだけ日本語テキストのカードを使用しています
この縛りがなかなかキツイ!今まで多言語で妥協していた分がすべて回ってきているのを痛感していたりします。《神獣王バルバロス》早く日本語揃えないと。。。


・回収、パック詰め
案外この作業は楽でした。終わった後みんなで協力して「これ強かったよな〜」とか反省会しながら地味な作業をしていきます。
どれがパワーカードなのか忘れるということは基本ないはず(見た目でわかる)ですが、上のリストを印刷しておいてもいいんでしょうなあ。



身内でわいわいする分にはとても楽しいと思います。
カード余っちゃってどうしようもないと感じはじめた方に、
ちょっとした根気があれば自分の好きなようなプールを形成できるのでおすすめしたいです!(^^)!

  • OCG
  • 02:22
  • comments(0)
  • trackbacks(0)

帰省と規制

2013.08.10 Saturday [OCG] by よしえ
お久しぶりです!
バイト連勤がなかなか手強くまったくブログに手をつけていない状況でしたが、今日からは自由の身ですので書いていけるかと思います。

遊戯王についてはそろそろ新しい制限リストを見かけるであろう時期ですね。
一年前は元住吉納涼遊戯祭当日にフラゲが出てました。あれからまだ一年なのか、もう一年なのか…個人の捉え方次第ですね。
規制としては天キがどうなるかと、まあ今期の二大勢力…なにやら根本的なルールが変わるとの噂もあるのでそちらも気になります。


さて帰省ラッシュの東京駅…どんなもんでしょうか。
自由席でいいから座りたいなあ。

  • OCG
  • 10:11
  • comments(0)
  • trackbacks(0)
  • 昨年の記事